美容皮膚科診療

トップページ > 美容皮膚科診療 >炭酸ガスレーザー(イボ・ホクロ取りレーザー)

炭酸ガスレーザー
(イボ・ホクロ取りレーザー) Carbonate Gas Laser

炭酸ガスレーザー(イボ・ホクロ取りレーザー)

ホクロは母斑の一種で、当院では炭酸ガスレーザーを用いて処置します。(手術は行っておりません。)
色素性母斑という、いわゆるホクロは皮膚の奥に根を張った状態で存在していることが多いため数回かけて除去した方が仕上がりが綺麗にできます。
ホクロの治療回数はおおよそ2回~5回かかります。

また老人性疣贅(イボ)と言われる盛りあがったシミに対しても炭酸ガスレーザーを用いる事があります。(顔のみ)
※ウイルス性のイボに対しては保険診療による液体窒素での凍結療法を行っておりますので、保険の診察日にご来院ください。

Flow

治療の流れ

❶ 診察

レーザーを希望されている部分のメイクを拭き取り後、気になるイボやホクロがレーザーに適しているか診察をさせて頂きます。適していると判断した場合、効果についてやリスクの説明をし、ご納得いただけたら同意書にサインを頂きます。

❷ 麻酔シール塗布

イボ・ホクロ部分に透明のフィルム状の麻酔テープを貼り、30分程度お待ちいただきます。
※膨らみが大きい場合は麻酔の注射になります。

❸ 施術

レーザーのお部屋に案内し、麻酔のテープを外します。目元をシールドで保護し、レーザーを照射します。レーザーの照射時間は約5分程度です。
(その他冷却や絆創膏貼付・説明には時間を頂きます。)
照射後は冷却し、軟膏を塗布、ガーゼを貼付していきます。

❸ 注意事項の説明

ガーゼ交換の方法や日常生活での注意点をお伝えし、
終了となります。

注意事項の説明

Progress

レーザー後の経過

レーザー後の診察は1週間後と1か月後にお越しいただきます。
レーザー後、約1週間はレーザーの部分に肌色の絆創膏をお貼りいただく必要があります。
ご自宅での絆創膏の交換は1日2回(朝・晩)行っていただきます。
レーザーを当てた部分は治療当日は濡らせません。
(翌日から絆創膏をした状態で洗顔・シャワーが可能になります。)
レーザー照射後、一過性に肌の赤みが残りますが時間経過とともに消失します。

Price

レーザー料金

CO2レーザー 直径1mm未満 ¥7,000
以降、直径1mm毎に +¥7,000

▲TOP